熟女出会い掲示板 | 熟女にセックス出来るサイトをご紹介 theacrobrats.com Rotating Header Image

熟女にモテる男性、モテない男性の違いとは?

「熟女にモテたい、でもモテない」という人もいれば、「熟女にモテてしょうがない」という人もいるでしょう。
そうした人の違いはどこにあるのでしょうか?
若い女性であればモテるモテないは容姿や立ち振る舞いといったことが挙げられますが、熟女もそうなのでしょうか?

どういう女性にモテたいのか?

熟女とどういう関係になりたいかによっても変わってきますが、ただモテたいならそうした要素はあるに越したことはないかもしれません。もちろんそれらも人によって好みが違います。男らしい容姿が好きな人もいれば女の子のような容姿が好きな人もいます。

また、立ち振る舞いといっても男らしく振る舞われることが好きな人もいれば、あまり引っ張る人より大人しくていじりがいがある男性が好きな人もいます。
なので、自分がモテたい熟女のタイプを知ることが最初のステップではないでしょうか。
自分はどんな熟女からモテたいのか、もし可愛らしい依存体質な女性にモテたいなら自分がグイグイ引っ張るほうがいいでしょう。

もちろん相手が嫌がらない範囲で引っ張ること、逆に自分が引っ張っていきたい、場の空気を作りたい女性であれば場の空気を作られることが嫌かもしれません。
そういう熟女を相手にしたいなら、出来るだけ自分は大人しくしてイジられるキャラになったほうがモテると思います。

また、そういう引っ張るタイプの女性であってもより引っ張ってくれる男性に惹かれる人もいるので、そこはゆっくり相手を観察して見極めたいものです。そして、どういう関係になるのかによっても相手から魅力的に見えるか見えないかは変わってくるでしょう。

ただ話すだけであればそこまで深く付き合うことはないでしょうし、もし深く付き合って肉体関係まで発展する場合、やはり相手と合う合わないがあると思います。
なので、こういう男性じゃないと熟女からモテないというより、こういう男性だと熟女は声をかけやすい、熟女に声をかけやすいといったことがあるのではないでしょうか。

というのも、男性も女性も相手に魅力を感じているのにそれを伝えるのは恥ずかしかったり、自分には無理だと落ち込んだり、声をかけたいけどかけたらなんて思われるだろうと不安に思ったりします。なので、モテているように見える男性は表面的に声をかけやすい、もしくは声をかけているだけかもしれません。

これだけ軽いノリならかっこいいといっても、タイプといっても受け入れてもらえるだろうと思えるような軽いノリの男性や、逆に軽いノリだからこそこの女性に声をかけても大丈夫だろう、断られても最初から本気じゃないしといった目に見えない心のやり取りが行われているといえます。

なので、やはりどこまでどういう関係になりたいのかによって変わるでしょう。そうした軽いノリを求めている通しが惹かれて肉体関係になるケースもありますし、軽いノリなのでただ話をしたりちょっとエッチな話をするという関係になる人もいます。そういうふうなモテ方をしたいなら、軽いノリと冗談を話せること、それでいて場の空気を面白く作れるキャラクターになるといいでしょう。

そのためには、あまり深く考えすぎないこと、深く考えてもそれを面白い方向に機転をきかせられること、とりあえず相手を楽しませようとする姿勢があればそうなりやすいといえます。
真剣さがないので「この人軽いな」と思われがちですが、そもそも最初からそういう関係を望んでいるならそのキャラクターでいけばそうなれるでしょう。

もっと真剣に付き合いたい、モテたい場合は?

では、もっと真剣な付き合いをしたり、もっと真剣にモテる人になるにはどうすればいいでしょうか。
軽いノリだとオープンに沢山の人からチヤホヤされることが多くなると思いますが、特定の人から真剣にモテたい場合もあるかもしれません。そういう時には他の人と同じように軽いノリ、自分の相談も軽く流して面白い方向に持っていく人は相手にしないという人もいます。

そういう熟女からモテるには、真剣に相手の話に乗ってあげたり軽く冗談を言うところ、それでいて真剣に話すところなどのバランスを取れることが大切です。
そしてそのバランスが上手い具合のギャップに働くことに惹かれる女性もいます。
やはり誰もが常に軽いノリでいけるわけではありませんし、相談したり自分の話をしたいという人も多いです。

真剣に話を聞いてくれて冗談も言えるエスコートしてくれるホストのような男性は、やはりそれだけ自分を特別に扱ってくれている感じがして魅力的に感じるでしょう。
また、そうした態度を他の女性に対してしたとしても、その誠実さが魅力的に見えること、これが自分だけじゃなく周りの人にも同じことをしているというより、この人はこういう人なんだという人柄自体に魅力を感じる人の特徴ではないでしょうか。